BLOG

誕生日にふたつ思うこと。

ありがとうございます!

おかげさまで今年も無事に誕生日を迎えることが出来ました。

誕生日という1日は僕にとってふたつのコトを考える日です。

IMG_2103.PNGひとつめは、僕を生み育ててくれた親、そして、先輩や後輩、仲間、身近な人々へ感謝する日。

ふたつめは、また、ひとつ歳を重ね、やっぱり人生には限りがあるということを自覚する日です。

“感謝する日”

僕は生まれてからこれまで、何ひとつとして自分一人で成し遂げたことはありません。これは決して胸を張って言うことではありませんが、実際そうなのです。

西表島で生まれた僕は、人口2300人という小さなコミュニティのなかで暮らし、物事を考え、夢を見ました。

IMG_2072.PNG

IMG_2073.PNGまさか、自分がその後東京で働くことになろうなどとは微塵も考えず、発色の良い赤土で作られたあの島の大地でただただ朝起き、昼に遊び、夜に寝たのでした。

IMG_2075.PNG

IMG_2074.PNG

IMG_2076.PNG
大自然の恩恵を受け、島人のあたたかな人情に包まれながらも
心のどこかで田舎に劣等感を感じ、その劣等感に力を受け、島を離れました。

振り返ってみると、今の僕の性格は間違いなく西表島で作られたと思うんです。

自覚していますが、僕はどうしようもないお喋りです。

IMG_2043.PNG

IMG_2042.PNG田舎で生きると、都会よりも人とのコミュニケーションの密度が高くなります。
ただでさえ人口の少ない島では、個人個人の結びつきが強いんです。庭で採れた野菜を持ってくる隣人や、台風対策を手伝ってくれる村の人ら…

IMG_2098.PNG

IMG_2039.PNG島暮らしは人と人の繋がりが全てなんです。だからこそ、僕は島暮らし同様、
人との絆は大切にしたい…というか…染み込んでいるんですね、人との距離感が(笑)。

東京は…それはそれは刺激的な街でした。大学を卒業し、広告会社を経て
ファッションのPR業に携わり、ようやく念願のショップをオープンしました。

IMG_2047-0.PNG

IMG_2062.PNG

IMG_2038-0.PNG

IMG_2037.PNG

IMG_2034.PNG東京には島では決して味わうことのできない経験、そして、ヒトとの出会いがありました。

IMG_2071.PNG

IMG_2096.PNG

IMG_2083.PNG

IMG_2082.PNG悔しい、辛い思いもたくさんしました。でも、その度に仲間に支えられてきました。家族と呼べるような友達もできました。今の僕がこうやって元気でいられるのはこれまで出会って来た多くの仲間のおかげです。それがなかったら、僕は夢に向かって進むことはできませんでした。

IMG_2045.PNG

IMG_2066.PNG

IMG_2055.PNG

IMG_2067.PNG
住む場所を東京に移したからとて、結局、僕の人との距離感、コミュニケーションスタンスが変わることはとうとうありませんでした。「もっと、ビジネスライクにしろ」とも、何度か叩かれましたが、僕にはそういう風に人と関わることは出来なかったし、したくなかった。

IMG_2041.PNG

IMG_2040.PNG

IMG_2046.PNG劣等感引きずって生きた島での暮らしがあったからこそ、僕には自慢の仲間が数えきれないくらい居ます。コレが僕の誇りです。

IMG_2063.PNG

IMG_2057.PNG

IMG_2053.PNG

IMG_2050.PNGショップを構えてからまだ10ヶ月。
・・・連日助けられています。ホントに。
これまでお世話になった皆さんに少しでも恩返しできるよう(おこがましいですが)、また今年も相方と2名で歯食いしばって頑張って行こうと思います。

IMG_2097.PNG

IMG_2078.PNG

IMG_2061.PNG

IMG_2080.PNG

IMG_2079.PNG感謝してもしきれませんが、言わせてください。

•••いつも本当にありがとうございます。

IMG_2089.PNG

IMG_2088.PNG

IMG_2092.PNG

IMG_2085.PNG

IMG_2052.PNG“限りある日”

「ヒトは生まれてから既に、死に向かって生きている」
と、どこぞやの哲学者が言っていました。

・・・暗い。

IMG_2065.PNGなんて暗く冷たい言葉を言いやがると思っていましたが、
最近になって、悔しいかな「本当にそうだわ」と納得してるんです。

IMG_2094.PNG

IMG_2093.PNG

IMG_2086.PNG

IMG_2095.PNG誕生日は改めて、自分が生まれた意味を考える日なんだと思います。
それはきっとすぐには分からない、分かりっこないことだと思いますが、少なからず誕生日の1日くらいは自分に向き合う日にすべきなんだろう、と。

IMG_2090.PNG

IMG_2102.PNG

IMG_2091.PNG限りある人生、いつ何が起こるかなんて分かりません。
生まれたことに感謝しながらも、気を引き締めて残りの人生をどう生きて行こうか・・・ある意味、誕生日は未来の自分自身に誓いを立てる日なのかもしれません。

「よし、今日からまた新しい自分探しをしよう」といった感じで笑

IMG_2104.PNGだけど、僕は限りある人生だからって、生き急ごうとは思いません。

例えば、僕が一面真っ白な雪で覆われた場所に居て、そこに、立派な家を建てようと考えた時、きっとすぐに行動は起こさないでしょう。
雪が溶けた時にようやくその土地の使い方が分かるわけで。

IMG_2101.PNGきっと人生も同じなんじゃないかなと青二才風情が思うわけです。ここでいう雪は人生で直面する困難です。

あぁーーー上手くいかない!!と、頭をガシガシ掻きむしっても頭皮が傷つくだけで、なんにも生まれません(笑)
それよりは、なんでこうなるんだっけ?と、じっくり考えることが必要です。

IMG_2049.PNG
そうやって、ひとつひとつ困難をクリアすれば、きっと希望が見出せるはず!
僕はそう信じています。

僕は今日で29歳になりました。

IMG_2069.PNG周りに感謝しながら、限りある人生を今日からどう生きようか、無い頭振り絞って考えて行きたいと思います。

そして、また、来年誕生日が来た時に、
今日以上にありがとうと頑張ろうを言いたいと思います。

・・・それを繰り返し繰り返し。

迎えたばかりの誕生日ですが、
もう既に次の誕生日が楽しみになってきました♬

皆さんの誕生日がまた素敵で最高な人生のスタートになりますように。

IMG_2084.PNG

IMG_2105.PNG

CALENDAR

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930