BLOG

今日、日本に復帰しました。山之口貘と高田渡と。

「時間は、父にとって、無限に自分のものだったように見える。
たった59年ぽっちの短い生涯ではあったけれど、実は、何百年、何千年、何万年という果てしない時間を、ちゃっかり私有していたのではないかと、私は密かに疑っているのである。

そうでなければ、あの悠長な仕事ぶり、ひとつのことに長いこと執着し続ける態度、などについて、いったいどんな説明がつくと言うのであろうか」 娘より

かつて、『精神の貴族』と呼ばれた山之口貘。
僕が大好きな詩人のひとり。
貘は沖縄が生んだ大詩人…なのだけど、借金に借金を重ねた大のつく貧乏人。

20140515-225704.jpg
東京に出てから16年、貘は畳の上で寝たことがなかった。

芝浦の土管、公園や駅のベンチ、銀座のキャバレーのボイラー室に仮住まい。そんななかでも書き綴った幾多の詩は今なお逞しく輝きを放っている。

今日5/15は沖縄が日本になった日。
復帰前にしてこの世を去った貘は今の沖縄をどう思うだろうか。

うちなー世からアメリカ世、アメリカ世からヤマトの世。時代に翻弄される沖縄の人を貘は遠く離れた東京から思い馳せ、また机に向かった。

20140515-230036.jpgそして、高田渡。これまた大好きなフォークシンガーのひとり。彼もまた貘ほどではないにせよ波乱万丈な一生を過ごした。

酒を呑み呑み、ライブじゃ歌いながら寝る始末。加川良、岡林信康と並んで日本のフォーク界を背負って立ちながら、酒と共に生き、そして、誰よりも早く亡くなってしまった。

20140515-230206.jpgなんとなく、山之口貘と高田渡は似ているなぁと思う。詩と歌、モノは違えど、とにかくそのひとつに正直に生きた。それ以外は質素で素朴に。

山之口貘の名詩『生活の柄』を高田渡が歌う。一行一行が染み入る。素敵な歌だ。今日はこれをずっと聴いている。

負けてらんないと思う。

20140515-230251.jpg

『生活の柄』 山之口貘

歩き疲れては、
夜空と陸との隙間にもぐり込んで寝たのである
草に埋もれて寝たのである
ところ構わず寝たのである
寝たのであるが
ねむれたのでもあったのか!
このごろはねむれない
陸を敷いてもねむれない
夜空の下ではねむれない
揺り起されてはねむれない
この生活の柄が夏向きなのか!
寝たかとおもふと冷気にからかはれて
秋は、浮浪人のままではねれむれない

CALENDAR

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031